モンテッソーリに通っていた2年間に学んだことは、
子どもの発達に合わせて身の回りのお道具にも
気を配る必要があるということ。
例えば、お弁当ケース。
3歳児には、簡単に片付けられるような袋状のものを用意しましたが、
5歳児では、結ぶという作業が入った一枚布(ハンカチ大)のものを
用意するように言われていました。
今は区立の幼稚園に通っていますが、
「結ぶ」という動作を毎日、取り入れ、
少しでも手と頭を使うようにと、新しいお弁当ケースを作りました。
もちろん、図案は刺繍作家、高橋亜紀さんのものです。
のんびりとお教室に通って、2年。
先生のオリジナルの図案は、どれも可愛くて、
子供用にぴったりです。ちなみに先生は
明日、NHKの『すてきにハンドメイド』という番組に出演です!
IMG_2829
上を軽く結ぶようにしたものです。
結ぶとこんなカンジに。
IMG_2830
お弁当ケースなんて、巾着のものを用意して3年間そのまま…
というのが親としては、一番ラクです。
でも発達に合わせて身の回りのお道具を作り変える、
この一手間が大切なのだと思います。
モンテッソーリに通っていたのは短い間ですが、
このことを知ることができて、本当によかったと思っています。