TOKYO エプロン・ジャーナル

私のキッチンと暮らしのメモ、365日。 そして時々、ダイエット。

おうちごはん【冬】

葱と鴨とクレソンの鍋

青森から鴨が届きました。
しかも、丸々一羽。
捌いて、今晩は鴨鍋に。
ガラでとったスープに
鴨肉と葱とクレソンを山盛り入れて。
と、ふいに昔、話題になった映画
『失楽園』で、W不倫カップルが
鴨とクレソンの鍋に、
シャトーマルゴーかなにかを合わせて
いたことを思い出しました。

それにしても、
鴨と目が合うと捌きにくいなぁ。
image

フィスラーの圧力鍋に感動。

恥ずかしながら生まれて40年近く、
圧力鍋は「怖い」と思っていました。
小さい時に母がよく言っていた
「このお鍋は、間違って使うと爆発しますよ」
という言葉をずっと背負っていたのです。
私にとって、圧力鍋=テロリスト、そのもの。
一歩間違えば、家ごとふっとぶ破壊的な威力をもつ、
そんなヤツでした。

が、仕事の関係で年末、私の手元にやってきた圧力鍋、
フィスラーのプレミアムは、目からウロコの超お役立ちアイテム。
こんなに使いやすく、機能的であるなら、
もっと前から使っていれば、よかった!

しつこいようですが、もう一度言います。
もっと前から圧力鍋を使っていればよかった!

所詮たられば、ですが、
もっと料理の時間も短縮できたし、
手間ひまかけてつくった煮込み料理を焦がすこともなかったはず。
DSC_1095

しばらく、圧力鍋で作るお料理に夢中になりそうです。

今年のおせち

今年のおせち料理は、こんな感じで。
伊達巻も金柑の蜜煮も全部手作りです。
大きな漆のお皿にギューっと14品、盛り込んでみました。
IMG_9638

31日には裏白がどこにも売っておらず、竹の葉で代用。
来年は29日に裏白を買わなければ、とすでに次のおせちに思いを馳せています。

2013年のお節料理

明けまして、おめでとうございます。
半年もの間、放置してしまったブログを再開しようと思います。
今までは気負っているところがありましたが、今日からはゆるゆると。
気合十分で作った今年のお節料理をまずはアップロードいたします。
IMG_6004
IMG_5983

目指すのは「志な乃」のけんちんそば

かつて愛宕にあった「志な乃」という蕎麦屋が
マッカーサー通りの建設計画で移転になったのは、
もう10年ほど前でしょうか?
惜しまれて消えた名店でしたが、気がついたら赤羽橋に復活。
路地裏にある小さな小さなお店ですが、
けんちんうどん&そばは健在でした。

その「けんちんそば」を真似して作ってみたのが、これ。
IMG_0404
ごぼう、にんじん、さといも、こんにゃく、ねぎなど、
色々な野菜を出汁、味噌(白&自家製越後)と酒粕で煮て、
野菜の滋味あふれるけんちん汁を作ります。
今日のポイントは千切り生姜をいっぱい入れたこと。
芯から温まる薬膳汁!
これに蕎麦をひたして、いただくのですが、
クセになるおいしさです。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 葱と鴨とクレソンの鍋
  • 大好き中華レストランのデリバリーランチ
  • お気に入りの北インド料理店を見つけた!
  • フィスラーの圧力鍋に感動。
  • 春の七草。
  • 今年のおせち
記事検索
  • ライブドアブログ