TOKYO エプロン・ジャーナル

私のキッチンと暮らしのメモ、365日。 そして時々、ダイエット。

おうちごはん【春】

春の七草。

春の七草で無病息災を祈りました。
今年も元気で一年をすごせますように!

当面はインフルエンザと無縁でいられますように。

でもって、お正月に増えた体重も戻せますように!(切実)
image

梅仕事ならぬ、苺仕事

苺の季節もそろそろ終わりが見えてきた頃、
私の「苺仕事」が始まります。
苺シーズン始めの頃は、なんとなく嬉しくって、
そして、苺に対するリスペクトがあったりして、
苺に手を加えて食べるなんて、もってのほか! 
と思っていました。
でも、5月中旬ともなれば、堂々とコンデンスミルクを
かけたり、砂糖で煮ることもへっちゃらになるわけで。
IMG_7460

粒が不揃いな苺たち。
きれいに洗って、ヘタを取り除き、砂糖をまぶして……
コンフィチュールを作ります。

海老と香菜のヘルシー餃子

最近、1週間に1度は食卓にあがるメニュー「餃子」。
その理由はシンプルで、5歳の息子の大・大・大好物だから。
好き嫌いが激しいという以前に、食に対して興味を示さない
息子が唯一、積極的な姿勢を見せてくれるのが「餃子」なのです。

好きなものばかり食べさせてはワガママな子どもになる、
という意見もありそうですが、いつも餃子の中に、
たっぷりと野菜を詰め込むので、許されるかな?
と勝手に思っています。

さて、今日は定番の「豚ちゃん味噌餃子」に加え、
大人用に「海老と香菜の餃子」を仕込むことに。
フードプロセッサーで海老をすり身にして、
みじん切りの長ねぎと、粗みじんにした香菜、
そして小さなダイス状のエリンギをまぜ、
太白胡麻油、片栗粉、たっぷりと黒胡椒を加えました。

まずは水餃子にして、醤油だけでいただきます!
あー、餃子って、なんでこうも美味しいのでしょうか。
海老のプリプリとした食感と、サッパリとした後味、
そして、ふんわり立ち上がる香菜の香りがたまりません。
DSC_1160













▲上が「豚ちゃん味噌餃子」、下が「海老と香菜の餃子」。

ブサイクおいなりさん

子どもも大人も大好きな「お稲荷さん」。
いつも簡単に作れればいいな、と思ってはいたものの、
市販の味付けお揚げにはアミノ酸がたっぷり入っているし、
買ってきた油揚げを煮付けると、中を開ける時に必ず破ってしまうし、
といつも躊躇していました。
昔は、スーパーでもお稲荷さん用に、
中を開けた(中に空気を入れた)お揚げを売っていたはずなんだけど、
最近では全く見かけることもなくなってしまい、
お稲荷さんを自宅で手作りする食文化は日本から消えたのか? 
などと大げさに思ってみたりもしました。

豆腐屋さんを探せば、お揚げに空気を入れてもらえるに違いない、
と信じて、イエローページで調べ、
地元にひっそりと佇むお豆腐屋さんを見つけました。
老夫婦がふたりでやっている、小さな小さなお豆腐屋さん。
お揚げは1枚85円也。
この揚げの中に空気を入れて、お稲荷さん用に
仕立ててもらえるか聞いてみたところ、ありがたいことに快諾。
おばあさんが時間をかけて、1枚1枚、丁寧に空気を入れてくれました。
形も揃っていなくて、「美人」とは言えないお稲荷さんなんだけど、
それもまたよし。
この小さなお豆腐屋さんのおかげで、
我が家の食卓にはお稲荷さんが頻繁に登場しそうです。
IMG_7329

今しか食べられない贅沢パスタ

こんにちは。久しぶりのアップロードです。
最近はライターとしての仕事が忙しくて、
とても「料理好き」などとは言えないような酷い生活を送っていました。
そんな仕事もひと段落し、
ようやく作った料理の写真を撮影するゆとりが出てきたので、
「ふきのとうと新玉葱のスパゲッティー二」をご紹介します。
新玉葱半個をよくいためて、モルタデッラを加え、
最後にふきのとうを10個ほどパラパラと。
味付けはシンプルに塩のみ。
春の香りとともに、幸せが運ばれてきます。
DSC_1142
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 葱と鴨とクレソンの鍋
  • 大好き中華レストランのデリバリーランチ
  • お気に入りの北インド料理店を見つけた!
  • フィスラーの圧力鍋に感動。
  • 春の七草。
  • 今年のおせち
記事検索
  • ライブドアブログ