TOKYO エプロン・ジャーナル

私のキッチンと暮らしのメモ、365日。 そして時々、ダイエット。

子供

お重にちらし寿司で行楽気分

結婚式の引き出物でいただいた、小さいサイズのお重。
ずっと出番がなく、しまったままで忘れていました。
IMG_1674
今日、お隣さんからお夕飯時に誘われ、
はっとひらめきました。
このお重に、何かを詰めていこう! と。
ちょうど親子2組にぴったりの好サイズ。
ちらし寿司と竜田揚げをいっぱいに詰めて、
手みやげかわりにお持ちすることに。

こちらのお重、プラスチックの蓋付きで便利です。
本格的な漆器にも魅力はありますが、
まだ小さな子供がいるので、これくらいカジュアルなものを
じゃんじゃか普段使いにするのもアリかな、とちょっと発想の転換となりました。
http://www.kuroeya.com/index.html

こども好みのクッキーづくり

手作りクッキーという、普段はなかなか縁のないことを
積極的にやってみました。
ついつい、大人の好きな味にしてしまいがちですが、
今回は「子供が喜ぶ味」を意識して、
配合や素材に工夫をしています。
IMG_1234
マドレーヌはバターをたっぷりと使って、レモン風味に。
メレンゲにはストロベリーの粉末を入れて、ほんのりピンク色に。
息子からの評判もよく、毎日のおやつに常備しておきたくなりました。

子供が喜ぶシンプル・クッキー

たいそう久しぶりにクッキーを焼いてみました。
およそ7年ぶり?
IMG_1173
色々な抜き型を買いそろえてあったので、
息子と二人で遊んだようなものです。
IMG_9849

ナッツデコというサイトがあり、
そこからネットでお買い物。
ドイツの製菓ブランド、スタッダー(STADTER)のものを使っています。
上質でキレイに抜け、とても満足しています。

化学調味料を使っていない子ども用カレー・ルウを見ーつけた!

子供が大好きなカレーライス。
どんなに野菜を入れても、ルーに怪しいものが入っていたら、
決して子どもにとってヘルシーなものとは言えません。
そりゃ、ルーから作れればいいけれど、そんな時間もない時に
私が重宝しているのは「こどものためのカレールウ。」という
キャニオンスパイスのもの。
IMG_6699

箱の裏には、
「1歳からのこどものためのカレールウ。
安心素材を基本にお子様が食べやすいカレールウに仕上げました。
りんごやパイナップルなどの果実、栄養価の高いにんじんやトマト
などの野菜。スパイスは刺激を抑え、化学調味料は一切使用しておりません
一切のお子様から安心してお召し上がりいただけます」

このルウを使うとやはり美味しいようで、
いっぱい食べてくれます。
とはいえ、このルウ、どこのスーパーにもあるというわけではありません。
見つけた時には「即まとめ買い」が正解です。

キッチンのお道具好きの楽園、ラ・クッチーナ・フェリーチェ

料理も大好きですが、それと同じくらいキッチンのお道具が大好きです。
とはいえキッチンの収納場所には限界があるので、
なんでもかんでも、欲しいものを買うわけにはいきません。
購入する時には、どこに収納するのか
何を捨てて新しいものを買うのか、
いつも頭で考えなければなりません。

そんな私の冷静な?判断力を狂わすお店に行きました。
青山にある「ラ・クッチーナ・フェリーチェ」です。

お店のすべてを買いたいくらいに、お洒落で便利なお道具が満載のショップ。
料理好きな人間にとっては、パラダイスです。
ぐぅーと我慢しながらも、買ってしまったアイテムはこれ。
IMG_6525
右から工房アイザワのお弁当箱お茶濾し野田琺瑯のバターケース
お弁当箱はキャラクターもの禁止のモンテッソーリ幼稚園用に、
バターケースはポンドバターが入るものを悩みましたがあえて小さなものを。
そのうち有塩・無塩用のふたつほしいと思います。
工房アイザワは新潟の三条にあるので、
今度、ぜひ訪れてみたいものです。
プロフィール

くろだよりこ

ギャラリー
  • 葱と鴨とクレソンの鍋
  • 大好き中華レストランのデリバリーランチ
  • お気に入りの北インド料理店を見つけた!
  • フィスラーの圧力鍋に感動。
  • 春の七草。
  • 今年のおせち
記事検索
  • ライブドアブログ