TOKYO エプロン・ジャーナル

私のキッチンと暮らしのメモ、365日。 そして時々、ダイエット。

手作り

ブサイクおいなりさん

子どもも大人も大好きな「お稲荷さん」。
いつも簡単に作れればいいな、と思ってはいたものの、
市販の味付けお揚げにはアミノ酸がたっぷり入っているし、
買ってきた油揚げを煮付けると、中を開ける時に必ず破ってしまうし、
といつも躊躇していました。
昔は、スーパーでもお稲荷さん用に、
中を開けた(中に空気を入れた)お揚げを売っていたはずなんだけど、
最近では全く見かけることもなくなってしまい、
お稲荷さんを自宅で手作りする食文化は日本から消えたのか? 
などと大げさに思ってみたりもしました。

豆腐屋さんを探せば、お揚げに空気を入れてもらえるに違いない、
と信じて、イエローページで調べ、
地元にひっそりと佇むお豆腐屋さんを見つけました。
老夫婦がふたりでやっている、小さな小さなお豆腐屋さん。
お揚げは1枚85円也。
この揚げの中に空気を入れて、お稲荷さん用に
仕立ててもらえるか聞いてみたところ、ありがたいことに快諾。
おばあさんが時間をかけて、1枚1枚、丁寧に空気を入れてくれました。
形も揃っていなくて、「美人」とは言えないお稲荷さんなんだけど、
それもまたよし。
この小さなお豆腐屋さんのおかげで、
我が家の食卓にはお稲荷さんが頻繁に登場しそうです。
IMG_7329

5歳のお誕生日に「5」のクッキー

息子の5歳のお誕生会。
たくさんのお友達にお祝いしていただきました。
そのお礼に用意したのが、こちらのクッキー。
IMG_3101
ヴァリエーション豊富で、
文字もキレイに抜けるので大好きです。

子供が喜ぶシンプル・クッキー

たいそう久しぶりにクッキーを焼いてみました。
およそ7年ぶり?
IMG_1173
色々な抜き型を買いそろえてあったので、
息子と二人で遊んだようなものです。
IMG_9849

ナッツデコというサイトがあり、
そこからネットでお買い物。
ドイツの製菓ブランド、スタッダー(STADTER)のものを使っています。
上質でキレイに抜け、とても満足しています。

失敗知らずで超簡単!「キャラメル風味の焼きリンゴ」

突然の来客が1時間後に迫った時、一番困るのはお菓子の用意。
気が利いたものを出したい、でも買いに行く時間がない。
そんな時に、おすすめなデザートがこちら。
キャラメル風味の焼きリンゴ」です。
IMG_1167
まずキャラメルを作ります。
お鍋にグラニュー糖を入れて、待つだけ(簡単)。
キャラメルの泡まで茶色になったら、水を加えてのばします。
バッドにスライスしたリンゴを並べて、上からキャラメルを注ぎ、
180度のオーブンで20分。
ほんのりこげ色がついたら出来上がり。
熱々にバニラアイスクリームを添えて、
上からシナモンパウダーをひとふり。
みんな大好きなひと手間焼きリンゴの出来上がりです!

男の子が喜ぶクッキー型!

息子が通う、モンテッソーリの幼稚園では
2月に「お店やさんごっこ」という名のバザーを控えています。
実際に、子供たちが1円や5円で買い物をするというのが、
なんともモンテッソーリらしいと思うのですが、
その商品は母親たちが協力して揃えます。

手作りのキャンディレイ、ポップコーン、ランチョンマット…と
さまざま商品が集まりますが、
私が今回、拠出しようと考えているのがクッキー。
女の子が喜ぶものは、ビースアクセやフェルトで作ったマスコットなど
いろいろと思い浮かびますが、男の子が喜ぶもの、って謎。
なので、男の子が喜びそうなクッキー型を探して、
作ろうと考えています。

そこで出会ったサイトの商品があまりにヴァリエーション豊かだったので、
ご紹介させてください。
nut2http://www.nut2deco.com/ という会社です。
クッキー型だけでなく、デコレーションものがたくさんあります。
私が購入したのは、ドイツのメーカー「」のもの。
たくさんの種類がある中から、こちらを選びました。
IMG_9849
実は購入しただけで、既に満足してしまった私です。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 葱と鴨とクレソンの鍋
  • 大好き中華レストランのデリバリーランチ
  • お気に入りの北インド料理店を見つけた!
  • フィスラーの圧力鍋に感動。
  • 春の七草。
  • 今年のおせち
記事検索
  • ライブドアブログ