TOKYO エプロン・ジャーナル

私のキッチンと暮らしのメモ、365日。 そして時々、ダイエット。

手作り

おせち料理<2> 金柑の蜜煮

おせち料理に入れるものを少しづつ作り始めています。
デパートやお料理屋さんからお取り寄せすれば
ラクなのはわかっています。

が、お正月という一年の最初の日、家族と一緒に
手作りおせちを囲むという行事時代に意味があるような気がするからです。
薄っぺらい言い方ですが、食育のためです。

今日は金柑の蜜煮を作りました。
材料は金柑と砂糖と水だけ。簡単ラクちん。
日持ちもするし、残っても風邪の時などにつかえます。
買ったのは宮崎産の温室金柑
30個ほど入っています。
IMG_9349
一度湯通しして、蜜で煮ること約8分。
IMG_9362
あっという間に出来上がり。
野田琺瑯に入れて、冷蔵庫で保存します。

料理は筋トレだ!

街はクリスマスの真っただ中というjのに、
1人でお節の試作をしています。
いつもはお外で買う伊達巻も、今年は手作り。
IMG_9287
伊達巻を手作りして気がついたことは、
市販品はどんなに高価でも、信頼できるブランドでも、
最終的には手作りにかなわない、という点。
卵、魚の白身、砂糖、調味料だけを使った、
シンプルな味は、確かに買ったものよりも美味しく感じました。
作り方はのちほどアップします。

蛇足ですが、
1本の伊達巻を作るのに、すりこぎを1000回以上、回しているような。
料理は筋トレですね。

手作りクリスマス・プレゼント

お世話になった方々へ、クリスマス・プレゼントを作成中。
幼稚園の園長先生など、個人的にお歳暮を送ることがためらわれた方に、
喜んで受け取っていただけるものを、と思いました。
IMG_9256
アイディアのリソースは、刺繍家の高橋亜紀先生が書いた『ハンカチ刺繍』という本。
ハンカチ刺繍―小さなステッチをほどこして、特別な一枚を作る
ハンカチ刺繍―小さなステッチをほどこして、特別な一枚を作る
クチコミを見る
Jue de fils を主催している、とても素敵な方で、
私の刺繍のお師匠さんです。
園長先生は犬が大好きなので、この図案を選び、
リネンの生地にアウトラインステッチで仕上げました。
IMG_9258

白いリネンのハンカチは、ハンカチーフギャラリーから選んでいます
年末のあわただしいなか、精神統一して刺繍をするのというのも、
悪くないな、と思っています。
大量生産はできませんが、こんな発想、私は好きです。

手作りリースならではの喜び

IMG_9075
クリスマスシーズンに入ると、
どうしても欲しくなるのが、生のツリーとリース。
クリスマスツリーは、いつも日進ワールドデリカテッセン
11月20日前後に購入します。
すぐに売り切れてしまうので、入荷の日を事前確認して、
即、予約を入れるという段取りです。

そして、リースは・・・というと、
自分好みのものがなかなか見つからないのが現実。
そこで、ここ2年は、アングレーゼ、髙橋愛さんのレッスンを受けて、
自分で作ることにしています。
愛さんのレッスンはわかりやすくて、材料もよく、
フラワーアレンジメントの初心者でも納得のいく作品が作れます。
(という私も、花に関してはド素人)

昨年はシンプルな白とシルバーのリースにしましたが、
今年の気分はりんご!
スティーブ・ジョブズに哀悼の意を表しているわけではありませんが、
赤の気分なのです。
作成所要時間は5時間超と、時間のかかる作業ですが、
完成した時の喜びはひとしお。
ホリデーシーズンが終わっても、しばらくはドライにして楽しめます。

大好きなバナナケーキを焼いてみました!

バナナケーキといえば、キャピトル東急のコーヒーハウスのものを
すぐに思い浮かべます。
パンのようなビジュアルなのに、ずっしりとした重みのあるケーキ。
その美味しさがクセになってしまい、オリガミに行けば必ず買ってきました。
残念ながら売り切れという日も多いい、人気の品です。

いつかはあの味を再現したいと思いつつも、
なかなか実現していません。
しかし、今日作ったバナナケーキは、今までの中で
最も美味しかったように感じます。
基本のカルトカールの分量を少し加減し、
残っていたバナナを2本つぶして入れました。
IMG_6756
これに満足せずに、さらに改良版のバナナケーキを作るべく、
しばし試行錯誤の日々が続きそうです。
プロフィール

くろだよりこ

ギャラリー
  • 葱と鴨とクレソンの鍋
  • 大好き中華レストランのデリバリーランチ
  • お気に入りの北インド料理店を見つけた!
  • フィスラーの圧力鍋に感動。
  • 春の七草。
  • 今年のおせち
記事検索
  • ライブドアブログ